2014年7月23日

第3回 核兵器廃絶市民講座「『継承』をめぐる記憶と語り」

日時: 2014年7月19日(土)13:30~15:30
場所: 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 交流ラウンジ
講師: 高山真(RECNA客員研究員)
主催: 核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)
共催: 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)

講義をする高山真客員研究員

会場の様子

第3回目の平成26年度核兵器廃絶市民講座が7月19日(土)、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館交流ラウンジにて行われました。

高山真客員研究員が、長崎をフィールドに被爆者調査に取り組み、インタビューを行ってきた経験から、非体験者が語りえない記憶を継承することの可能性について、「被爆者になる」というキーワードを使って講義しました。

講座には約60名の市民が集まり、会場の参加者からも活発に質問が寄せられ、被爆の継承をめぐる問題について考えを深める機会となりました。

 

>>平成26年度市民講座について

2014年6月16日

第2回 核兵器廃絶市民講座 「NPT再検討会議第3回準備委員会から見えてきたこと」

日時: 2014年6月14日(土)13:30~15:30
場所: 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 交流ラウンジ
講師: 中村桂子(RECNA准教授)
主催: 核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)
共催: 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
講義をする中村桂子准教授 会場の様子

第2回目の平成26年度核兵器廃絶市民講座が6月14日(土)、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館交流ラウンジにて行われました。

中村桂子准教授が、2014年4月上旬~5月下旬にアメリカのニューヨーク国連本部で開催された「2015年核不拡散条約再検討会議第3回準備委員会」について、NPT(核不拡散条約)をめぐる基礎知識を交えつつ、核兵器の非人道性への言及や、中東非核・非大量破壊兵器地帯の設立に向けた動きの進展などの注目ポイントを解説し、長崎からも核兵器禁止条約の内容に関する議論のリーダーシップを取るように日本政府に働きかけていく時期ではないかと講義しました。

講座には約60名の市民が集まり、若者からも活発に質問が寄せられ、核問題めぐる世界的な動向について知識を深める機会となりました。

>>平成26年度市民講座について

2014年5月9日

【活動報告会】
Time to Change the World!
「ナガサキ・ユース代表団」ニューヨークでの挑戦

 

今年4月から5月にかけて、長崎の8人の若者が、長崎県・長崎市・長崎大学の認定する「ナガサキ・ユース代表団」の二期生として、ニューヨーク国連本部で開かれた核軍縮・不拡散問題の国際会議に参加してきました。世界100か国以上の外交官やNGOが集まる最先端の議論の場で、8人は何を想い、考え、学び、語り、伝えたのでしょうか。
この報告会では、現地の活動についての報告を行うとともに、「長崎で学ぶ若者として何ができるか」を参加者の皆さんと一緒に考えます。

日時: 2014年5月20日(火) 18:30-20:30
場所: 長崎大学文教キャンパス 全学教育棟A14番教室

 

【お問い合わせ】
核兵器廃絶研究センター(RECNA)
Tel: 095-819-2164
E-mail: recna_staff@ml.nagasaki-u.ac.jp


チラシ
2014年4月30日

第1回 核兵器廃絶市民講座 「『核兵器の非人道性』メキシコ会議の報告」

日時: 2014年4月19日(土)13:30~15:30
場所: 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 交流ラウンジ
講師: 朝長万左男(RECNA客員教授)
主催: 核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)
共催: 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
講義をする朝長万左男客員教授 会場の様子

第1回目の平成26年度核兵器廃絶市民講座が4月19日(土)、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館交流ラウンジにて行われました。

朝長万左男客員教授が、2014年2月にメキシコのナヤリット行われた第2回核兵器の人道的影響に関する会議や4月に広島で行われた第8回NPDI(軍縮・不拡散イニシアティブ)外相会合の様子を交えながら、同会議でご自身が科学者代表として発表したレポートの内容を講演しました。

講座には約70名の市民が集まり、若者からも活発に質問が寄せられ、核兵器の非人道性をめぐる世界的な動向に加え、核兵器によってもたらされる壊滅的な被害と放射線が人体に与える影響について、知識を深める機会となりました。

>>平成26年度市民講座について

2014年4月11日

第6回 核兵器廃絶市民講座 「核兵器の非人道性をめぐる世界の動向」

日時: 2014年3月15日(土)13:30~15:30
場所: 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 交流ラウンジ
講師: 中村桂子(RECNA准教授)
主催: 核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)
共催: 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
講義をする中村桂子准教授 会場の様子

第6回目の平成25年度核兵器廃絶市民講座が3月15日(土)、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館交流ラウンジにて行われました。

中村桂子准教授が、2014年2月に行われたメキシコ会議の報告などのタイムリーな世界情勢を交えつつ講演し、核兵器の非人道性をめぐる世界的なうねりがある中での2015年のNPT再検討会議に向けた被爆地からの働きかけの重要性を伝えました。講座には約80名の市民が集まり、活発に質問が寄せられ、核兵器の非人道性をめぐる世界的な動向についての知識を深める機会となりました。

講座終了後には、続いて長崎市主催の「青少年ピースボランティア派遣研修報告会」が開催され、広島、鹿児島、沖縄への派遣研修の報告を行いました。

>>平成25年度市民講座について

2014年1月19日

第5回 核兵器廃絶市民講座 「核軍縮と開発問題」

日時: 2014年1月18日(土) 13:30-15:30
場所: 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 交流ラウンジ
講師: 広瀬 訓(RECNA副センター長)
主催: 核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)
共催: 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
講義をする広瀬訓副センター長 会場の様子

第5回目となる平成25年度核兵器廃絶市民講座が1月18日(土)、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 交流ラウンジにて行われました。

広瀬訓教授が、「核軍縮と開発問題」と題して、国連の予算の約8割が開発援助にあてられていることなどを例示しつつ、非人道性という観点から開発途上国の抱える飢餓や伝染病などの様々な問題も視野に入れつつ、核軍縮を目指すことの重要性を講義しました。

講座には約50名の市民が集まり、活発に質問が寄せられ、核軍縮と開発問題の関わりについて考えを深める機会となりました。

>>平成25年度市民講座について

2013年12月1日

世界平和アピール七人委員会 2013年講演会 核抑止論と世界

 

日時: 2013年11月30日(土) 13:30-16:30
場所: 長崎原爆資料館ホール
共同主催: 世界平和アピール七人委員会
長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)

 

故・辻井喬氏の紹介 講演をする土山先生 講演をする梅林センター長
講演をする武者小路先生 七人委員会によるパネル討論 調会長による閉会の言葉

 11月30日に、世界平和アピール七人委員会の委員を招き、講演会「核抑止論と世界」を開催しました。世界平和アピール七人委員会とは、1955年の発足以来、人道主義と平和主義に立って、国内・国外に意見表明を続けてきた不偏不党の有志七人の会です。

 冒頭では、25日に死去した七人委員の一人の辻井喬氏の言葉が紹介され、その後の講演では、七人委員の土山秀夫氏、武者小路公秀氏に梅林宏道センター長が加わり、日本政府や国際交渉の現場における核抑止論の実態と、それをどのように克服していくかということについての講演が行われました。後半のパネル討論では、七人委員の大石芳野氏、池田香代子氏、小沼道二氏、池内了氏も登壇して活発なやり取りが行われるとともに、約90名の参加者からも多くの質疑や意見が寄せられ、今も国内外に根を張る核抑止論について考え、その克服の可能性を探る機会となりました。

 

2013年11月18日

世界平和アピール七人委員会 2013年講演会

核抑止論と世界

日時 2013年11月30日(土)13:30~16:30(開場13:00)
場所 長崎原爆資料館ホール
参加費無料


 「抑止」
とは、脅しや警告によって相手に恐怖心を抱かせ、それによって相手の攻撃を思いとどまらせることである。この考えを軍事面にあてはめると、通常兵器から核兵器に至るまで抑止の道具として用いることができる。しかし主役は圧倒的破壊力をもつ核兵器であって、米、ロ、仏、英、中の5核兵器国はもちろん、インド、パキスタン、イスラエルのほか、北朝鮮も核抑止の名のもとに核兵器保有の正当化を計ろうとしている。
 また米国は同盟国を守るためとして“核の傘”を提供しているが、これも同じ理論に基づいている(拡大核抑止)。つまり核兵器廃絶の目的を達成するためには、いかにして核抑止論の信奉を打破するか、にかかっているといっても過言ではない。
 この講演会では、今なお国内外に根を張る核抑止の考え方に対して、その実態や本質のあやまりを指摘した上で、その克服への方向性を明らかにしようとする予定である。

世界平和アピール七人委員会とは

1955年の発足以来、人道主義と平和主義に立って、国際間の紛争は絶対に武力によらず、平和的な話し合いで解決すべきであると考え、国内・国外に意見表明を続けてきた不偏不党の有志七人の会である。これまでに109本のアピールを発表し、毎年11月に国内の各地で講演会をしてきた。

メンバー:武者小路 公秀 ・ 土山 秀夫 ・ 大石 芳野 ・ 池田 香代子 ・ 小沼 通二 ・ 池内 了 ・ 辻井 喬

 

共同主催:
世界平和アピール7人委員会
長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)

お問い合わせ先:
■世界平和アピール7人委員会事務局
http://worldpeace7.jp/
FAX:045-891-8386 / E-mail:mkonuma254@m4.dion.ne.jp

■長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
Tel: 095-819-2164 Fax: 095-819-2165
Email: recna_staff@ml.nagasaki-u.ac.jp


ちらし
2013年9月25日

第4回 核兵器廃絶市民講座 「原爆直後の救護活動と調査」

日時: 2013年9月28日(土) 13:30-15:30
場所: 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 交流ラウンジ
講師: 三根 眞理子 (RECNA教授)
主催: 核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)
共催: 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
講義をする三根 眞理子教授 会場の様子

第4回目となる平成25年度核兵器廃絶市民講座が9月28日(土)、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 交流ラウンジにて行われました。

三根眞理子教授が、「原爆直後の救護活動と調査」と題して、現在の長崎大学医学部の学生たちによる慰霊の取り組みや長崎医科大学関係者が被爆時の様子を回想するビデオを上映するとともに、救護班を率いて活動した永井隆博士や調来助教授らの日誌や報告書などの実際の資料を取り上げつつ、講義しました。

講座には約50名の市民が集まり、活発に質問が寄せられ、原爆直後の救護活動や調査について考えを深める機会となりました。

>>平成25年度市民講座について

>>講座要旨

2013年8月11日

大学生が動き出す~核の今、世界の未来~

日時: 2013年8月10日(土) 14:00-17:00
場所: 長崎大学医学部キャンパス良順会館ボードインホール
主催: 核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)
共催: 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
企画・運営: 8.10実行委員会
特別ゲスト マイラ・カストロ(国際ネットワーク「BANg」コーディネーター)

 

プレゼンテーション(8.10実行委員) 劇(8.10実行委員) グループ・ディスカッション
プレゼンテーション(マイラ・カストロ氏) 田上市長 8.10実行委員会と参加者

長崎原爆忌の翌8月10日、公開イベント「大学生が動き出す~核の今、世界の未来~」を開催しました。企画・運営を行ったのは、今年4月にジュネーブに行った「ナガサキ・ユース代表団」のメンバー有志らによる学生中心の「8.10実行委員会」です。

核兵器廃絶への道のりが遅々として進まない現状の問題点を洗い出そうと、架空の「レッド国」(核兵器保有国)、「イエロー国」(核の傘依存国)、「グリーン国」(核廃絶推進国)を設定し、ロールプレイの劇を通じて会場の参加者に問題提起を行うなど、学生らの発案によるユニークな試みも行われました。小グループにわかれてのディスカッションでは、参加者が年齢や立場を超えて白熱した議論を交わしました。特別ゲストの国際NGO「BANg」コーディネーターで弁護士のマイラ・カストロ氏からは、欧州の若者による具体的な活動例が示され、長崎から動き出した大学生に力強いエールが送られました。

当日は、暑さ厳しい中にもかかわらず120名もの方々が参加されました。会の終わりには核兵器廃絶長崎連絡協議会の顧問でもある田上長崎市長も駆け付け、学生たちへのあたたかい応援の言葉が述べられました。

1 2 3 4 5 6 7

このページのトップへ

月別アーカイブ

  • 75thProject
  • J-PAND
  • RECNA叢書
  • 世界の核弾頭データ
  • 世界の核物質データ
  • 市民データベース
  • ナガサキ・ユース代表団
  • 北東アジア非核兵器地帯への包括的アプローチ
  • 北東アジアの平和と安全保障に関するパネル(PSNA)
  • Monitor BLOG
  • ニューズレター
  • ポリシーペーパー
  • Dispatches from Nagasaki
  • レクナの目
  • 核兵器廃絶長崎連絡協議会
  • 核兵器廃絶市民講座
  • RECNAアクセス