2021年5月25日

動画公開のお知らせ

長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)主催による公開シンポジウム「パンデミックと核兵器:人類共通の脅威にどう対処すべきか」(2021年5月21日オンライン開催)の動画を公開しました。どうぞ、ご覧ください。

 
日時: 2021年5月21日 (金) 19:00~20:30
場所: オンライン(Zoom)
主催: 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
プログラム:
19:00 開会挨拶 吉田 文彦  RECNAセンター長・教授
19:10 報告   鈴木 達治郎 RECNA副センター長・教授 [配付資料
19:40 パネル討論
司 会 鈴木 達治郎 RECNA副センター長・教授
討論者 猿田 佐世  「新外交イニシアティブ(ND)」代表
佐藤 丙午  拓殖大学教授
河合 公明  戸田記念国際平和研究所主任研究員 [配付資料
20:30 閉会

「被爆75年記念事業ナガサキ・核とパンデミック・シナリオプロセス」プロジェクト
 

Category お知らせ
2021年5月14日

平素より核兵器廃絶研究センターのウェブサイトを閲覧いただきまして誠にありがとうございます。
この度、下記日程におきましてサーバーのメンテナンスを実施させていただきます。

メンテナンス実施の間は、一時、RECNAウェブサイトを閲覧できなくなることがあります。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

【実施日時】
 日 程: 2021 年 5 月 20 日(木)
 時 間: 14:00 ~ 16:00

 

Category お知らせ
2021年5月11日

【公開シンポジウム】「パンデミックと核兵器:人類共通の脅威にどう対処すべきか」オンライン開催(5月21日)のお知らせ

チラシ (PDF版) 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)では、昨年被爆75年記念事業として「ナガサキ・核とパンデミック・シナリオプロセス」プロジェクトを実施しました。不確実な将来のもとでの戦略つくりに貢献するといわれる「シナリオ・プラニング手法」を用いて、オンラインでのワークショップを開催し、世界11か国から50名の参加者を得て、報告書「パンデミックの未来と核兵器リスク」を昨年末に発表しました。
 今回は、鈴木達治郎教授による成果の報告を踏まえ、拓殖大学佐藤丙午教授、猿田佐世「新外交イニシアティブ(ND)」代表、河合公明戸田記念国際平和研究所主任研究員とともに、パンデミックと核リスク問題について討論を行います。

日時: 2021年5月21日 (金) 19:00~20:30
場所: オンライン(Zoom)

プログラム:
19:00 開会挨拶 吉田 文彦  RECNAセンター長・教授
19:10 報告   鈴木 達治郎 RECNA副センター長・教授
19:40 パネル討論
司 会 鈴木 達治郎 RECNA副センター長・教授
討論者 猿田 佐世  「新外交イニシアティブ(ND)」代表
佐藤 丙午  拓殖大学教授
河合 公明  戸田記念国際平和研究所主任研究員
20:30 閉会

参加方法: 事前登録制 【締切】5月20日(木)
こちら からご登録ください。Zoomリンクをお送りいたします。

お問合せ先: RECNA事務室
Tel: 095-819-2164
E-mail: recna_jimu@ml.nagasaki-u.ac.jp

主催: 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)

 

Category お知らせ

このページのトップへ

月別アーカイブ

  • 「被爆の実相の伝承」のオンライン化・デジタル化事業
  • J-PAND
  • ニューズレター
  • ポリシーペーパー
  • RECNA図書
  • 世界の核弾頭データ
  • 世界の核物質データ
  • 北東アジアの平和と安全保障に関するパネル(PSNA)
  • 北東アジア非核兵器地帯への包括的アプローチ
  • nu-nea_project2021-2023
  • Scenario_Project_J
  • 75thProject
  • レクナの目
  • Dispatches from Nagasaki
  • 市民データベース
  • Monitor BLOG
  • 核兵器廃絶長崎連絡協議会
  • 核兵器廃絶市民講座
  • ナガサキ・ユース代表団
  • RECNAアクセス