Print Friendly and PDF

「被爆の実相の伝承」のオンライン化・デジタル化事業

長崎大学核兵器廃絶研究センターと国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館は、「被爆の実相の伝承」のオンライン化・デジタル化事業を進めています。

■【写真募集】”被爆者が生きた長崎を残したい” 被爆前の長崎の街並みや人々の暮らしが分かる写真を探しています
被爆前の長崎の写真募集

●提供いただいた写真の一部を公開しています。こちらからご覧ください。

 

■【被爆前の長崎の写真】スライド教材
被爆前の長崎の日常

 

■「被爆前後の長崎」デジタルアーカイブ(3D画像)
被爆前の長崎の日常

 

このページのトップへ

  • nu-nea_project2021-2023
  • 「被爆の実相の伝承」のオンライン化・デジタル化事業
  • RECNA NPT Blog 2022
  • J-PAND
  • ニューズレター
  • ポリシーペーパー
  • RECNA図書
  • 世界の核弾頭データ
  • 世界の核物質データ
  • 北東アジアの平和と安全保障に関するパネル(PSNA)
  • 北東アジア非核兵器地帯への包括的アプローチ
  • Scenario_Project_J
  • 75thProject
  • レクナの目
  • Dispatches from Nagasaki
  • 市民データベース
  • Monitor BLOG
  • 核兵器廃絶長崎連絡協議会
  • 核兵器廃絶市民講座
  • ナガサキ・ユース代表団
  • RECNAアクセス