新着情報What’s New

2021年11月30日

11月21日に開催いたしました「映画 太陽の子」上映&トークイベント「いまあらためて《科学者の社会的責任》を問う」には、会場とオンラインあわせて144名の方にご参加いただき、誠にありがとうございました。イベントの第二部「 監督メッセージ&パネルトーク」の動画をYouTubeで公開しましたので、こちら からご覧ください。

なお、パネルトークで提示された軍事研究に関するスライドのうち、東京工業大学の事例について、文章が古く、既に改定されているとのご指摘をいただきました。鈴木教授からスライドの修正版が届きましたので、こちら もご覧ください。ご指摘に感謝いたします。

配布資料: プログラム&プロフィール

 


 

ポスターPDF版

イベントでは、日本の原爆開発の史実を基に若い科学者の葛藤を描いた「映画 太陽の子」(監督・脚本:黒崎博。8 月6 日全国劇場公開)を題材とし、軍民両用技術(デュアルユース)や大学における軍事研究の問題などを含め、今の時代にあらためて注目が集まる「科学者の社会的責任」について、当時を知る科学者やこれからを担う若者とともに議論しました。今回公開したのは、下記プログラムの第二部のみです。

日 時: 2021年11月21日(日)13:30~17:00
会 場: 長崎大学 文教キャンパス 中部講堂

プログラム:
13:30~15:30 第一部: 映画上映(会場のみ)
15:30~17:00 第二部: 監督メッセージ&パネルトーク(会場&YouTube配信)

【共催】 核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)、日本パグウォッシュ会議、長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
【協力】 イオンエンターテイメント株式会社

 

Category お知らせ
2021年11月26日

被爆前写真募集

【経過報告】
長崎大学核兵器廃絶研究センターと国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館は、「被爆の実相の伝承」のオンライン化・デジタル化事業を進めるにあたり、被爆前の長崎の様子を捉えた写真を探しています。

募集を開始した7月末から、多数のみなさんから写真提供をいただいています。
提供いただいた写真の一部を公開いたします。こちら からご覧ください。

【参考】この間提供いただいている写真
・写真館での記念写真
・家族の集合写真
・スナップ写真(家族の日常、風景)
・卒業アルバム
・その他

写真は継続して募集しています。写真の時期や場所が曖昧でも構いません。
思い当たる方は一度ご連絡いただければ幸いです。

〈問い合せ先〉
長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA) 担当: 林田
電 話: 080-8040-3656 ※でられない場合、折り返し連絡いたします
メール: hayashida-m@nagasaki-u.ac.jp / FAX: 095-819-2165
※ メール / FAX 記載事項
件名:「写真募集について」
本文: 氏名・連絡先(電話番号、メール)・写真に関する簡単な情報

【詳細】
長崎大学核兵器廃絶研究センターと国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館は、「被爆の実相の伝承」のオンライン化・デジタル化事業を進めるにあたり、被爆前の長崎の様子を捉えた写真を探しています。「あの日」の前、長崎の人々はどんな日常生活を過ごしていたのか。証言と写真を組み合わせることで、よりリアリティのある伝承事業に取り組みます。

〈募集要項〉
● 被爆前の長崎の様子が分かる写真を募集します。
  集中募集期間:2021年7月28日〜随時受付
● 写真の正確な場所や時期がわからなくても構いません。
● 写真は一度事務局(RECNA)に送付いただき、デジタルデータ化します。
  写真の現物は提供者へ返却します。(※現物の寄贈・処分を希望される場合は別途相談)
● 写真データは「被爆の実相の伝承」のオンライン化・デジタル化事業に役立てます。
  写真の提供をご検討いただける方は以下に問い合わせをお願いします。
  提供に関する詳細について、担当者よりご案内させていただきます。

ちらし(A4サイズ) / ポスター(B2サイズ)
※ポスターの掲示や、チラシを置いてくださる方がいらっしゃいましたら〈問い合せ先〉までご連絡ください。

SNS用画像
(SNS用の画像です、ページの拡散にご協力をお願いします)

 

Category お知らせ
2021年10月25日

ポスターPDF版

 本イベントでは、日本の原爆開発の史実を基に若い科学者の葛藤を描いた「映画 太陽の子」(監督・脚本:黒崎博。8 月6 日全国劇場公開)を題材とし、軍民両用技術(デュアルユース)や大学における軍事研究の問題などを含め、今の時代にあらためて注目が集まる「科学者の社会的責任」について、当時を知る科学者やこれからを担う若者とともに議論します。是非ご参加ください。

日 時: 2021年11月21日(日)13:30~17:00(開場 13:00)
会 場: 長崎大学 文教キャンパス 中部講堂

プログラム:
13:30~15:30 第一部: 映画上映(会場のみ)
15:30~17:00 第二部: 監督メッセージ&パネルトーク(会場&YouTube配信)

≪参加方法≫ 本イベントでは、長崎大学中部講堂を会場として開催するとともに、第二部の監督メッセージ&パネルトークをYouTubeによりライブ配信いたします。会場/ライブ配信にかかわらず、参加ご希望の方は こちら から事前登録をお願いします。(申込締切: 11月18日(木)まで)

≪注意事項≫ ご来場予定の方は、以下の内容について、ご理解とご協力をお願いいたします。
● 発熱・咳・くしゃみ等、風邪の症状がある方、体調がすぐれない方は、来場をご遠慮ください。
● 専用駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
● 検温と連絡先記入などのご協力をお願いします。
● 来場時は、不織布マスク着用と手指消毒のご協力をお願いします。

※ 新型コロナウイルスの感染状況、荒天などの影響により、予定を変更する場合があります。その際は、本ページでお知らせしますので、最新の情報によりご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

【お問合せ】 PCU-NC事務局 TEL: 095-819-2255, Email: pcu_nc@ml.nagasaki-u.ac.jp

【共催】 核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)、日本パグウォッシュ会議、長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
【協力】 イオンエンターテイメント株式会社

 

Category お知らせ
2021年10月4日

RECNAニューズレター Vol.10 No.1 (2021年9月30日発行)

Newsletter_J-10-1   着任の御挨拶 私の「原点」に戻って
- 西田  充

被爆の実相の伝承へ向けて 「被爆者と出会う」デジタル教材
- 林田 光弘

継承と政策の間で RECNA「核遺産・核政策研究会」
- 山口  響

「北東アジアにおける核使用リスクの削減 (NU-NEA)」プロジェクト – 二度と核兵器が使われないために –
- 鈴木 達治郎

新しい時代へ向けての決意 令和3年長崎平和宣言
-広瀬  訓

中満さん、安田さんがユースと懇談
- 吉田 文彦

ナガサキ・ユース代表団 第9期生 活動報告
- ナガサキ・ユース代表団第9期生一同

【書評】 黒澤 満 著 『核不拡散条約50年と核軍縮の進展』
- 阿部 信泰

【書評】 西田 充 著 『核の透明性 − 米ソ・米露及びNPTと中国への適用可能性』
- 樋川 和子

>> 詳細情報へ

 

Category お知らせ
2021年9月22日

 日本国際連合学会 第22回研究大会 (長崎大会)「持続可能な開発目標SDGsの現在」(2021年6月20日) における吉田文彦RECNAセンター長による研究報告①「軍縮・核廃絶・安全保障への長崎の視点-Bottom Up型、Leave No One Behind型アプローチ」を編集した動画が公開されましたのでご紹介いたします。

 【報告者】 吉田 文彦 (長崎大学 核兵器廃絶研究センター 教授)
 【討論者】 田上 富久 (長崎市長)
 【司 会】 広瀬 訓  (長崎大学 核兵器廃絶研究センター 教授)

 どうぞ、こちら からご覧ください。
 


 【大会概要】

 日本国際連合学会 第22回研究大会(長崎大会)
 「持続可能な開発目標(SDGs)の現在」
   第1日目:2021年6月19日(土)
   第2日目:2021年6月20日(日)
   大会事務局:長崎大学

 2020年春から生じたCOVID-19のパンデミックは、国際社会に様々な影響を及ぼした。WHOを中心とした感染症対策や公衆衛生の問題だけにとどまらず、世界的な観戦者と犠牲者数の増大は人間の安全保障を脅かし、人々に対する行動制限が人権保障と緊張関係をもたらしている。EU圏内ですら国境封鎖が行われ、各国は渡航制限を行い、先進国を中心に医薬品の国内備蓄を進め、国際協調から遠ざかる潮流が世界的に強まった。コロナ渦で初めてオンライン開催された2020年9月の国連総会では、グテーレス事務総長が結束と連帯を呼びかけるものの、コロナ以前の多国間主義の回帰に至るかは未だ不透明である。

 本年度の研究大会の共通のテーマは、コロナ渦で開催中止を余儀なくされた昨年度の共通テーマを引き継いだ。SDGsは周知の通り2015年に採択され、2030年までに取り組む17の目標を定めたものであるが、COVID-19のパンデミックがその取り組みにいかなる影響を与えたのか、ポストコロナの世界を見据えながら、2030年までの目標に向けた課題について多方面から議論を深めたい。

 

Category お知らせ

1 2 3 4 103

このページのトップへ

月別アーカイブ

  • 75thProject
  • Scenario_Project_J
  • J-PAND
  • RECNA図書
  • 世界の核弾頭データ
  • 世界の核物質データ
  • 北東アジアの平和と安全保障に関するパネル(PSNA)
  • 北東アジア非核兵器地帯への包括的アプローチ
  • ニューズレター
  • ポリシーペーパー
  • レクナの目
  • 市民データベース
  • Dispatches from Nagasaki
  • Monitor BLOG
  • 核兵器廃絶長崎連絡協議会
  • 核兵器廃絶市民講座
  • ナガサキ・ユース代表団
  • RECNAアクセス