2020年6月9日

国際的に著名な核物理学者フランク・フォンヒッペル氏に対する連続インタビュー「市民科学者 フランク・フォンヒッペル:核軍縮に挑み続けた半世紀」が刊行されました。インタビュアーは、ジャーナリストの黒川朋子氏(TBS)。オンラインで全8本のインタビューが無料閲覧できます。

英語原文ページは こちら
Citizen Scientist: Frank von Hippel’s Adventures in Nuclear Arms Control
Interviews by Tomoko Kurokawa

日本語での簡単な紹介は こちら
 

Category お知らせ

RECNA編集、テイラー&フランシス社発行の英文国際学術誌『平和と核軍縮』(略称J-PAND)は、第3巻1号を刊行いたしました。全17本の記事はいずれも無料でお読みいただけます。

英語原文ページは こちら

日本語ページは こちら(各論文の要約のみ)

RECNAスタッフも、以下のような形で貢献しています。

吉田文彦(J-PAND編集長、RECNAセンター長)「朝鮮半島の平和から北東アジア非核兵器地帯へ」

※2019年6月に世宗研究所(韓国)とRECNAが共催したワークショップの成果として作成された 政策提言書 の要約です。

Yoshida, Fumihiko. 2020. “From Peace on Korean Peninsula to North East Asia Nuclear Weapon Free Zone.” Journal for Peace and Nuclear Disarmament 3(1): 123-128.[英語原文へ
 

Category お知らせ

2020年度版『世界の核弾頭データ』及び『世界の核物質データ』ポスターを公開しました。以下のサムネイル画像をクリックしてご覧ください。[A3サイズ印刷可]
 

『世界の核弾頭データ』ポスター

日本語版 英 語 版 韓国語版
       
2020年6月 NuclearWH2020_JPN NuclearWH2020_ENG NuclearWH2020_KOR

>> ポスターの元となったデータは「世界の核弾頭一覧」からご覧いただけます。
>> 記者会見時(2020年6月9日)の資料は こちら からご覧いただけます。
>> 前年度以前の版は こちら からご覧いただけます。

『世界の核物質データ』ポスター

日本語版 英 語 版 韓国語版
       
2020年6月 FissileMat2020JPN FissileMat2020ENG FissileMat2020KOR

>> ポスターの元となったデータは、次からご覧いただけます。
 ・高濃縮ウラン: 保有量一覧 保有マップ
 ・分離プルトニウム: 保有量一覧 保有マップ
>> 記者会見時(2020年6月9日)の資料は こちら からご覧いただけます。
>> 前年度以前の版は こちら からご覧いただけます。
 

Category お知らせ
2020年6月6日

2020年2月15日(土)に長崎大学文教キャンパスで開催された RECNA 長崎被爆・戦後史研究会 公開・総括シンポジウム「私たちは何を継承すべきか―長崎の被爆・戦後史研究から見えてくるもの」の報告書を刊行しました。是非ご覧ください。

シンポジウムの概要 及び 報告書

 

このページのトップへ

月別アーカイブ

  • 75thProject
  • J-PAND
  • RECNA叢書
  • 世界の核弾頭データ
  • 世界の核物質データ
  • 市民データベース
  • ナガサキ・ユース代表団
  • 北東アジア非核兵器地帯への包括的アプローチ
  • 北東アジアの平和と安全保障に関するパネル(PSNA)
  • Monitor BLOG
  • ニューズレター
  • ポリシーペーパー
  • Dispatches from Nagasaki
  • レクナの目
  • 核兵器廃絶長崎連絡協議会
  • 核兵器廃絶市民講座
  • RECNAアクセス