2016年5月13日

レクナの目

 

米国の現職大統領としてオバマ大統領が初めて被爆地広島を5月27日に訪問することが
決定しました。

核兵器のない世界を目指すオバマ大統領にとっても、被爆地長崎にとっても重要な意味をもつ
歴史的な訪問となりうると期待されます。

そこで、RECNAでは 「オバマ大統領の広島訪問の意義と期待」 として見解をまとめました。

 是非ご覧ください。

 

オバマ米大統領広島訪問の意義と期待(2016.05.13)

US President Obama’s visit to Hiroshima:Its implications and Expectations(2016.05.13)

 

>>日本語レクナの目についてはこちら

>>英語版レクナの目についてはこちら

Category お知らせ

このページのトップへ

月別アーカイブ

  • J-PAND
  • RECNA叢書
  • 世界の核弾頭データ
  • 世界の核物質データ
  • 市民データベース
  • ナガサキ・ユース代表団
  • 北東アジア非核兵器地帯への包括的アプローチ
  • 北東アジアの平和と安全保障に関するパネル(PSNA)
  • Monitor BLOG
  • ニューズレター
  • ポリシーペーパー
  • Dispatches from Nagasaki
  • レクナの目

  • 核兵器廃絶長崎連絡協議会
  • 核兵器廃絶市民講座
  • RECNAアクセス