新着情報What’s New

2017年5月8日
5月2日から5日にかけ、一般討論とそれに続くクラスター1(核軍縮)の議論が行われ、5つの核兵器国(P5)がそれぞれ発言の機会を持った。とりわけ注目されたのはトランプ新政権誕生後初のNPT準備会合出席となる米政府代表の発言であった。核軍縮に対する基本姿勢、とりわけ核兵器禁止のアプローチに対する考え方はどのように語られたのだろうか。

※本ブログは、RECNA教員(鈴木達治郎、吉田文彦、広瀬訓、中村桂子)の共同執筆となります。

>>第2報はこちら

2017年5月3日
5月2日午前10時過ぎ、2020年NPT再検討会議に向けた第1回準備委員会が始まった。湾曲した概観の建物が特徴的なオーストリアのウィーン国際センター(VIC)が会場である。同じ敷地内のビル群の中には国際原子力機関(IAEA)や包括的核実験禁止条約機構(CTBTO)など関連テーマを扱う国際機関が入っている。会議室はやや小ぶりで、とりわけNGO関係者などが座る傍聴席が少ないことから、初日午前は「立ち見」が出るほどの混みようであった。

※本ブログは、RECNA教員(鈴木達治郎、吉田文彦、広瀬訓、中村桂子)の共同執筆となります。

>>第1報はこちら

2017年5月2日
2020年NPT再検討会議に向けての第1回準備委員会が5月2日からウィーンで開催される。今回はまだ第1回ということで、再検討会議へ向けての具体的な議論というよりは、論点を挙げ、「流れ」を確認するような展開になることも予想される。しかし、2015年の再検討会議が最終文書の採択に失敗したことで、より早い段階からの合意形成へ向けて、厳しい協議がいきなり始まっても不思議ではない。

※本ブログは、RECNA教員(鈴木達治郎、吉田文彦、広瀬訓、中村桂子)の共同執筆となります。

>>第0報はこちら

2017年4月28日

Tentative Program (As of May 18, 2017)

_ This is the second PSNA workshop and it will be held in Ulaanbaatar, Mongolia, with collaboration with Blue Banner and APLN. The main objectives of the workshop is to review critical issues identified by the previous workshop and discuss current topics in order to enhance mutual understanding of regional security issues in Northeast Asia. This time, we do not plan to issue policy statement but summarize the discussion for future reference. The workshop will be done under the Chatham House Rule.

>>for details

Category PSNA News
2017年4月26日

5月2日から5月12日にかけて、オーストリア・ウィーンの国連事務所で、2020年NPT(核不拡散条約)再検討会議第1回準備委員会が開催されます。

ナガサキ・ユース代表団も、すでにウィーンに向けて次々と出発しており、この会議の傍聴や国連内でのサイドイベントを中心に様々な活動を行います。活動のようすを現地からお届けしますので、応援のほどよろしくお願いします。

>>詳しくはこちら

Category お知らせ

1 2 3 4 60

このページのトップへ


  • 市民データベース
  • 世界の核兵器・核分裂性物質
  • 世界の核弾頭データ
  • 世界の核物質データ
  • ナガサキ・ユース代表団
  • Panel on Peace and Security of Northeast Asia
  • 北東アジア非核兵器地帯への包括的アプローチ
  • Monitor BLOG
  • Newsletter
  • Dispatches from Nagasaki
  • にゅうもん核軍縮・不拡散
  • 核兵器廃絶市民講座
  • 核兵器廃絶長崎連絡協議会
  • レクナの目
  • RECNAアクセス
  • 研究成果・活動