新着情報

2017年3月1日

RECNAニューズレター Vol.5 No.4 (2017年3月31日発行)

――  

「着任にあたって――被爆地の理から考える」
ー吉田 文彦
公開シンポジウム「北東アジアにおける核テロリズムの脅威」
ー鈴木 達治郎
公開シンポジウム 「南アジアの危険な核」 ジア・ミアン博士
ー鈴木 達治郎
ナガサキ・ユース代表団 5期生決まる

>>詳しくはこちら

 

Category お知らせ
2017年1月31日

Dispatches from Nagasaki

No.18

January 31, 2017
The Reaction in Nagasaki to the UN’s Adoption of a Resolution for Negotiations on a Treaty to Prohibit Nuclear Weapons
「核兵器禁止条約交渉」国連決議の採択に対する長崎の反応

 

>>バックナンバー等はこちら

Category お知らせ
2017年1月12日

核不拡散条約(NPT)に入らないまま、1998年に相次いで核実験を行ったインドとパキスタン。両国は今も大小の軍事衝突を繰り返し、核軍拡競争を続けていることから、地球上で最も核戦争勃発のリスクが大きい地域とも言われています。南アジアの核問題は今後どうなるのか。国際的な専門家の解説、意見を聞ける貴重な機会です。

同時通訳付、申し込み不要、入場無料です。

皆さまのご参加をお待ちしています。

日 時: 平成29年2月2日(木) 18:30~20:00 20170202sympo-1
場 所: 長崎大学医学部 ポンぺ会館セミナー室(坂本1丁目12-4)
基調講演: 『印パで高まる核先制使用のリスク』
ジア・ミアン 氏
(米国プリンストン大学の「科学とグローバル安全保障プログラム」共同ディレクター)
主 催: 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
共 催: 核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)

>>詳しくはこちら

2017年1月6日

核テロリズムの脅威は国際安全保障の最重要課題の一つです。

ここ北東アジアにおける核テロリズムの脅威、特に原子力関連施設へのテロの脅威について、米・中・韓・日の専門家がその実態と対応策について議論を行います。

同時通訳付、申し込み不要、入場無料です。

皆さまのご参加をお待ちしています。

日 時: 平成29年1月23日(月) 18:00~20:00 20170123sympo-1
場 所: 長崎大学医学部 良順会館2階ボードインホール(坂本1丁目12-4)
基調講演: 『原子力発電施設へのテロ攻撃とその防止について』
マーサ・クレンショー 氏
(スタンフォード大学、フリーマン・スポルギィ国際問題研究所、国際安全保障と協力センター、上級フェロー、米国)
パネリスト: ユンスー・ハング氏 (韓国原子力研究所、主席研究員、韓国)
板橋 功 氏 (公益財団法人 公共政策調査会研究センター長、日本)
フィ・ジャン氏 (ハーバード大学ケネディスクール上級研究員、中国)
ピーター・ヘイズ 氏 (ノーチラス研究所、米国)
モデレーター: 鈴木 達治郎(RECNAセンター長、教授)
主 催: 核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)
共 催: 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
ノーチラス研究所

>>詳しくはこちら

2017年1月5日

RECNAニューズレター Vol.5 No.3 (2016年12月31日発行)

――

北東アジア非核兵器地帯:「ナガサキ・プロセス」の始動
―鈴木達治郎

核兵器禁止条約交渉開始の決議を採択
―中村桂子

北朝鮮の核の脅威にどう対応すべきか
―広瀬訓

>>詳しくはこちら

 

Category お知らせ

1 2 3 4 59