Print Friendly and PDF
【報告】「非人道的な破局から核兵器廃絶へ「核兵器のない世界」への新しいアプローチ」(2012年8月22日)
2012年8月23日

「非人道的な破局から核兵器廃絶へ「核兵器のない世界」への新しいアプローチ」

日時: 2012年8月22日(木) 18:30-20:30
場所: 長崎原爆資料館ホール
お話: レベッカ・ジョンソンさん (英アクロニム研究所所長)
共催: 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
核兵器廃絶地球市民集会長崎実行委員会
(公財)長崎平和推進協会
冒頭で挨拶をする朝長核兵器廃絶地球市民長崎集会実行委員会委員長 講演するレベッカ・ジョンソンさん

「核兵器のない世界」に向かう新たな地平として、昨今議論が高まっているのが「人道的アプローチ」です。今年8月9日の長崎平和宣言でも言及されたように、世界の心ある国家やNGOからは、核兵器の非人道性を根拠に核兵器の非合法化に向かおう、との動きが強まっています。

軍縮外交政策の第一人者として人道的アプローチの意義を訴え続けてきたレベッカ・ジョンソンさんを迎え、<核兵器と人類は共存できない>という被爆地のメッセージを世界の『常識』に変えるために、会場に集まった約80名の市民のみなさまと共に、いま私たちは何をすべきかを考えました。


チラシ398KB


このページのトップへ

  • 75thProject
  • J-PAND
  • RECNA叢書
  • 世界の核弾頭データ
  • 世界の核物質データ
  • 市民データベース
  • ナガサキ・ユース代表団
  • 北東アジア非核兵器地帯への包括的アプローチ
  • 北東アジアの平和と安全保障に関するパネル(PSNA)
  • Monitor BLOG
  • ニューズレター
  • ポリシーペーパー
  • Dispatches from Nagasaki
  • レクナの目
  • 核兵器廃絶長崎連絡協議会
  • 核兵器廃絶市民講座
  • RECNAアクセス