Print Friendly and PDF
【報告】「英語で伝える<ナガサキ>と<核兵器のいま>」(2012年11月21日)
2012年11月22日

「英語で伝える<ナガサキ>と<核兵器のいま>」

日時: 2012年11月21日(水) 17:30-20:00
場所: RECNA 1階会議室
講師: スティーブン・リーパーさん (広島平和文化センター理事長)
共催:

核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)
長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)

スティーブン・リーパーさん 勉強会の様子 積極的に発言をする学生

米国出身で反核平和運動に長く携わってきたスティーブン・リーパーさんを講師に迎え、生きた英語で長崎の原爆や現在の核兵器をめぐる情勢について学びました。

一人一人が考える力を身につけ、それを世界の人々と議論してゆく英語力のアップを目指して、高校生・大学生約15名が参加しました。


このページのトップへ

    • J-PAND
    • RECNA叢書
    • 世界の核弾頭データ
    • 世界の核物質データ
    • 市民データベース
    • ナガサキ・ユース代表団
    • 日韓共同ワークショップ20190522
    • Panel on Peace and Security of Northeast Asia
    • 北東アジア非核兵器地帯への包括的アプローチ
    • Monitor BLOG
    • Newsletter
    • Dispatches from Nagasaki
    • レクナの目

  • 核兵器廃絶長崎連絡協議会
  • 核兵器廃絶市民講座
  • RECNAアクセス