Print Friendly and PDF
【報告】公開イベント「核兵器のない世界に向けた若者宣言、発表。」
2015年8月19日

 

公開イベント「核兵器のない世界に向けた若者宣言、発表。」

 

日時: 平成27年8月10日(月) 18:00~20:00
場所: 長崎大学文教キャンパス グローバル教育・学生支援棟4F文教スカイホール
ゲスト: 長 万左男 氏(前長崎原爆病院院長、核兵器廃絶地球市民長崎実行委員会委員長)

西田 充 氏 (外務省軍縮不拡散専門官)

川崎 哲 氏 (ピースボート共同代表、ICAN国際運営委員)

笹森 恵子 氏 (「被爆乙女」として渡米した広島被爆者)

 

宣言文を発表する学生 ディスカッションを行う学生とゲスト

 

核問題に関心を持つ長崎、広島、東京の学生で構成される「サマーキャンプナガサキ実行委員会」による公開イベントを開催し、約30名の学生や市民が集まりました。

現役の大学生約20名が88日から10日までの3日間の合宿を通して、議論を重ね、「若者宣言」を発表しました。

この宣言は、被爆70年のいま、若者世代から行動を起こそうという趣旨で、「日本」に向けての核廃絶に対する提案をまとめたものです。

イベントでは、この問題に長年取り組んできたゲストとのディスカッションを通して、多くの貴重な意見をいただきました。

この意見を踏まえ、再度議論を重ね、完成版を9月末にこのRECNAホームページで公開します。

 

「若者宣言」完成版本文はこちら


このページのトップへ

    • J-PAND
    • RECNA叢書
    • 世界の核弾頭データ
    • 世界の核物質データ
    • 市民データベース
    • ナガサキ・ユース代表団
    • 日韓共同ワークショップ20190522
    • Panel on Peace and Security of Northeast Asia
    • 北東アジア非核兵器地帯への包括的アプローチ
    • Monitor BLOG
    • ニューズレター
    • Dispatches from Nagasaki
    • レクナの目

  • 核兵器廃絶長崎連絡協議会
  • 核兵器廃絶市民講座
  • RECNAアクセス