Print Friendly and PDF

抜粋集(発言者別)
 

発言者 発言年月日 内容 リンク
秋月辰一朗 1959.8.2. 私たち長崎の人々は長崎の体験を 詳細
秋月辰一朗 1966. 妹を葬ると、翌日は姉の髪の毛が抜ける。 詳細
秋月辰一朗 1975.8. ①わたしは、「核兵器による戦争の抑止力でなく、
②原爆記録映画が原爆後二十二年にして初めて
詳細①
詳細②
鎌田定夫 1969. 朝鮮人や中国人の被爆者に関する記事や 詳細
栗原貞子 1972.5. <ヒロシマ>というとき 詳細
下平作江 1993. やはり体験した人の言葉というのは、 詳細
瀬戸口千枝 1970. 「――あなたとの約束の日には、 詳細
谷口稜曄 1970. 二十五年前の八月九日、私は 詳細
田村寿美江 1985. 今から四十年前に在籍した学校は 詳細
廣瀬方人 2013. 彼(山口仙二さん)が(1956年の第2回)原水禁 詳細
福田須磨子 1955. 何もかも いやになりました 詳細
山口仙二 1982.6.24. 私の顔や手をよく見てください。 詳細
山田拓民 2006. いうまでもないことですが、 詳細
山本和明 1971. 私は、友人の遺体発掘のため 詳細
ヨハネ・パウロⅡ世 1981. ①戦争は人間のしわざです。
②皆さんがきょうまで耐えて
詳細①
詳細②
李奇相 1972. わたしの仲間には朝鮮人被爆者が 詳細
渡辺千恵子 1956.8. 原爆犠牲者はもうわたしたちだけで 詳細

このページのトップへ

    • J-PAND
    • RECNA叢書
    • 世界の核弾頭データ
    • 世界の核物質データ
    • 市民データベース
    • ナガサキ・ユース代表団
    • 日韓共同ワークショップ20190522
    • Panel on Peace and Security of Northeast Asia
    • 北東アジア非核兵器地帯への包括的アプローチ
    • Monitor BLOG
    • ニューズレター
    • Dispatches from Nagasaki
    • レクナの目

  • 核兵器廃絶長崎連絡協議会
  • 核兵器廃絶市民講座
  • RECNAアクセス