Print Friendly and PDF

 

ナガサキ・ユース代表団

ナガサキ・ユース代表団について 

「ナガサキ・ユース代表団」(Nagasaki Youth Delegation) は、長崎県・長崎市・長崎大学の3者で構成された「核兵器廃絶長崎連絡協議会」(PCU-Nagasaki Council) が主催する人材育成プロジェクトです。2013年から、核軍縮・不拡散問題に関する国際会議への参加とその事前事後の活動を通じて、次世代を担う長崎の若者が、最新の国際情勢を学ぶとともに、この分野で活躍する世界の人々と出会い、知識を行動に結びつける力を養うことを目指しています。
 

第1期生には、長崎県内に在学・在勤する8名の若者が選ばれ、2013年にジュネーブの国連欧州本部で開催された「2015年核不拡散(NPT)再検討会議第2回準備委員会」に参加しました。

第2期生の8名は、2014年にニューヨーク国連本部で開催された同「第3回準備委員会」に参加しました。

被爆70年の節目を迎えた2015年には、第3期生の12名が同じくニューヨーク国連本部で開催された「NPT再検討会議」に出席し、国連内でのワークショップ主催を含めた多岐にわたる活動を行いました。

2016年の第4期生10名は、2013~15年の3年間の総括として、テーマを「北東アジア非核兵器地帯」とし、「若者同士の友好関係構築」を目標にモンゴル・中国・韓国の3か国を訪問し、政府関係者、NGOスタッフ及び同世代の若者たちとの交流や意見交換を行いました。

2017年の社会人及び大学生を含む第5期生の9名は、ウィーンの国連事務所で開催された「2020年核不拡散(NPT)再検討会議第1回準備委員会」参加し、また、ウィーン日本人学校において平和出前講座を行いました。

2018年の第6期生8名は、ジュネーブの国連欧州本部で開催された「2020年核不拡散(NPT)再検討会議第2回準備委員会」への参加を中心に、国連で動画放映(we and eye)及びアートプロジェクト(希望の木)を企画するなど様々な活動を行いました。
 

★ナガサキ・ユース代表団の活動について詳しくは こちら をご覧ください。

このページのトップへ

  • 核兵器廃絶市民講座
  • 長崎市公式ホームページ