Print Friendly and PDF

インドの核戦力一覧

2016年6月1日現在
この表の印刷用PDF
核弾頭保有数 100–120
運搬手段 1), 2)
名称 ミサイル/爆弾 1つあたりの
弾頭数
核弾頭数 射程(km) ペイロード
(kg)
配備年 備考
地上発射弾道ミサイル 〜56 3)
プリトビ 2 〜24 1 〜24 250 500 2003年 4), 5)
アグニ 1 〜20 1 〜20 700 + 1,000 2007年 6)
アグニ 2 〜8 1 〜8 2,000 + 1,000 2011年 7)
アグニ 3 〜4 1 〜4 3,200 + 1,500 2014年? 8)
アグニ 4 不明 不明 不明 3,500 + 1,000 開発中。2016年予定 9)
アグニ 5 不明 不明 不明 5,000 + 1,000 開発中。2017年予定 10), 11)
海洋発射弾道ミサイル 2–14 12)
ダナシュ 2 1 2 350 500 開発中 13)
サガリカ(K-15,B-05) (12) 1 (12) 700 500–600 開発中 14)
K-4 不明 不明 不明 ~ 3,000 開発中 15)
航空機搭載爆弾 〜48 16,17)
搭載機:ミラージュ2000H(パジュラ) 〜32 1 〜32 1,850 6,300 1985年 18)
搭載機:ジャガー1S/1B(シャムシャー) 〜16 1 〜16 1,400 4,760 1981年 19)
【概要】
2016年3月現在、インドの保有核弾頭総数は100–120と推定される(Kristensen, Hans M. & Norris, Robert S. 2016)。インドの核兵器はプルトニウム型と見られる(Kile, Shannon N. & Kristensen, Hans M. 2014)。2014年末現在、インドが保有する兵器級プルトニウムは約570 kgであり(IPFM 2016)、核爆弾1発の製造には(技術レベルなどにも影響されるが)4–6 kgのプルトニウムが必要であることから、これは核弾頭およそ95–142発分に相当する。弾頭は配備されておらず、中央貯蔵施設に置かれていると見られる(Kristensen, Hans M. & Norris, Robert S. 2015)。なお、インドは、上述の兵器級プルトニウムに加え、将来の活用を見据えて原子炉級のプルトニウムを約4.0トン保有している(IPFM 2016)。
【脚注】
1) ペイロードの出典は Kile, Shannon N. & Kristensen, Hans M. 2014。それ以外の出典は Kristensen, Hans M. & Norris, Robert S. 2015
2) 巡航ミサイル「Nirbhay」(射程 700–1,000 km、ペイロード 450 kg)にも核搭載の可能性が疑われている(Kile, Shannon N. & Kristensen, Hans M. 2014)。一度目(2013年3月12日)の失敗に続き、2014年10月16日に二度目の発射テストを成功させた(Hardy, James 2014)。2015年10月中にインド初の弾道ミサイル原子力潜水艦「アリハント」(脚注14参照)からの発射実験を行うとの政府高官発言が伝えられている(Sputnik 2015)。
3) 2013年6月、インド防衛研究開発機構(DRDO)は、プリトビ1(射程150 km)を退役させ、新型ミサイル「Prahar」(射程150 km、固体燃料)に置き換えると発表した。Praharに核搭載能力があるかは不明(Kile, Shannon N. & Kristensen, Hans M. 2014)。
4) 一段式。液体燃料。道路移動式。最新の発射テストは2016年2月16日(Press Trust of India 2016-1)。
5) 射程が350 ㎞のものはプリトビ3と呼ばれることがある(Kristensen, Hans M. & Norris, Robert S. 2015)。
6) 一段式。固体燃料。道路移動式。 2007年に運用開始。第334ミサイル群に配備(Kile, Shannon N. & Kristensen, Hans M. 2014)。最新の発射テストは2016年3月14日(Press Trust of India 2016-2)。
7) 一段式。固体燃料。道路移動式。最新の発射テストは2014年11月9日(Mallikarjun, Y. 2014)。
8) 二段式。固体燃料。道路移動式。最新の発射テストは2015年4月16日(Press Trust of India 2015-1)。
9) 二段式。固体燃料。道路移動式。最新の発射テストは2015年11月9日(Pandit Rajat 2015)。
10) 三段式。固体燃料。鉄道移動式。最新の発射テストは2015年1月31日(NDTV 2015)。2012年4月19日(Kristensen, Hans M. & Norris, Robert S. 2012)、2013年9月15日(Press Trust of India 2013)に続く3度目。アグニ5の多弾頭化に関する各種報道があるが、Kristensen & Norris はその可能性を否定している(Kristensen, Hans M. & Norris, Robert S. 2015)。
11) インドは射程10,000 km以上のICBMを開発可能であるとDRDO高官が公の場で発言している(Press Trust of India 2015-2)。
12) インドは米露と同じように核兵器の三本柱の構築を目指している。2016年2月、海軍は原潜アリハントがすべての試験を終え、運用段階に入ったと発表した(Naval-technology.com 2016)。二隻目が建造中と見られており、三隻目が造られる可能性もある(Kristensen, Hans M. & Norris, Robert S. 2015)。
13) 一段式。液体燃料。プリトビ2の海軍版。Sukanya級の洋上パトロール艦から発射される。最新の発射テストは2015年11月25日(Naval-technology.com 2015)。
14) 二段式。固体燃料。最新の発射テストは2013年1月27日(Mallikarjun, Y. & Subramanian, T. S. 2013)。原潜アリハントに配備予定。原潜アリハントは12発のK-15ミサイルを搭載可能(Kile, Shannon N. & Kristensen, Hans M. 2014)。K-15 の地上発射型は「Shourya」と呼ばれ、核能力を持つかもしれないと見られている(Kile, Shannon N. & Kristensen, Hans M. 2014)。Shourya は2011年9月23日、3度目の発射テストに成功している(Subramanian, T. S. & Mallikarjun, Y. 2011)。
15) 二段式。初の発射テストは2014年3月24日(Times of India 2014)。原潜アリハントは4発のK-4ミサイルを搭載可能(Kile, Shannon N. & Kristensen, Hans M. 2014)。
16) ミグ27にも核任務が課されている可能性がある(Kristensen, Hans M. & Norris, Robert S. 2012)。
17) インドが36機を購入予定の仏製ラファール(Rafale)戦闘機にも核任務が課される可能性がある(Kristensen, Hans M. & Norris, Robert S. 2015)。
18) マハラジプル(Maharajpur)空軍基地配備の第40航空団の飛行中隊1及び7(計49機)のうち、1中隊が核任務を持つと見られている(Kristensen, Hans M. & Norris, Robert S. 2012)。
19) 4飛行中隊(計76機)のうち2中隊が核任務を持つと見られている(Kristensen, Hans M. & Norris, Robert S. 2012)。
【出典】
Hardy, James 2014: “India successfully tests Nirbhay cruise missile,” HIS Jane’s 360, 16 October 2014. http://www.janes.com/article/44688/india-successfully-tests-nirbhay-cruise-missile (2015.4.8 アクセス)。
IPFM (International Panel on Fissile Materials) 2016: “Fissile material stocks,” http://www.fissilematerials.org/(2016.5.13アクセス)
Kile, Shannon N. & Kristensen, Hans M. 2014: “Indian nuclear forces,” SIPRI Yearbook 2014 Armaments, Disarmament and International Security, Oxford University Press 2014, pp.322–327.
Kristensen, Hans M. & Norris, Robert S. 2012: “Indian nuclear forces, 2012,” Bulletin of the Atomic Scientists, July/August 2012, vol. 68, no. 4, pp.96–101.
Kristensen, Hans M. & Norris, Robert S. 2015: “Indian nuclear forces, 2015,” Bulletin of the Atomic Scientists, vol. 71, no. 5, pp.77–83.
Kristensen, Hans M. & Norris, Robert S. 2016: “Status of World Nuclear Forces,” Federation of American Scientists. http://fas.org/issues/nuclear-weapons/status-world-nuclear-forces/ (2016.5.13 アクセス)
Mallikarjun, Y. 2014: “Agni-II test-fired for full 2,000-km strike range,” The Hindu, 9 November 2014, http://www.thehindu.com/news/national/agniii-ballistic-missile-succesfully-testfired/article6580146.ece (2015.4.8 アクセス)
Mallikarjun, Y. & Subramanian, T. S. 2013: ‘India successfully test-fires underwater missile’, The Hindu, 27 Jan. 2013. http://www.thehindu.com/news/national/india-successfully-testfires-underwater-missile/article4350553.ece (2013.7.10 アクセス)
Naval-technology.com 2015: “India successfully test fires nuclear-capable Dhanush ballistic missile,” 25 November 2015. http://www.naval-technology.com/news/newsindia-successfully-tests-nuclear-capable-dhanush-ballistic-missile-4737118(2016.3.13 アクセス)
Naval-technology.com 2016: “India’s first nuclear submarine INS Arihant ready to enter operational service,” http://www.naval-technology.com/news/newsindias-first-nuclear-submarine-ins-arihant-ready-to-enter-operational-service-4819935(2016.3.13 アクセス)
NDTV 2015: “Agni 5, India’s Longest Range Ballistic Missile, Successfully Test-Fired,” 31 January 2015. http://www.ndtv.com/india-news/agni-5-indias-longest-range-ballistic-missile-successfully-test-fired-735955
Pandit, Rajat 2015: “Ballistic missile Agni-IV test-fired as part of user trial,” The Times of India, 9 November 2015, http://timesofindia.indiatimes.com/india/Ballistic-missile-Agni-IV-test-fired-as-part-of-user-trial/articleshow/49720522.cms(2016.5.13アクセス)
Press Trust of India 2013: “Agni-V missile successfully test launched from Wheeler Island off Odisha coast,”Times of India, 15 September 2013, http://timesofindia.indiatimes.com/india/Agni-V-missile-successfully-test-launched-from-Wheeler-Island-off-Odisha-coast/articleshow/22594796.cms (2013.4.2アクセス)
Press Trust of India 2015-1:”Nuclear-Capable Agni-III Ballistic Missile Test-Fired,” NDTV, 16 April 2015, http://www.ndtv.com/india-news/nuclear-capable-agni-iii-ballistic-missile-test-fired-755395 (2015.5.29アクセス)
Press Trust of India 2015-2:”India capable of developing ICBM beyond 10,000 km range, says DRDO’s SK Salwan,” The Economic Times, 4 April 2015, http://economictimes.indiatimes.com/news/defence/india-capable-of-developing-icbm-beyond-10000-km-range-says-drdos-sk-salwan/articleshow/46805802.cms?utm_content=buffere45bf&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer (2015.10.14アクセス)
Press Trust of India 2016-1: “Prithvi-II Missile Test Fired at Chandipur,” Indian Express, 16 February 2016, http://www.newindianexpress.com/nation/Prithvi-II-Missile-Test-Fired-at-Chandipur/2016/02/16/article3280300.ece (2016.5.13アクセス)
Press Trust of India 2016-2: “India Test-Fires Agni-I Ballistic Missile,” NDTV, 14 March 2016, http://www.ndtv.com/india-news/india-test-fires-agni-i-ballistic-missile-1286952(2016.3.13アクセス)
Subramanian, T. S. & Mallikarjun Y. 2011: “India successfully test-fires Shourya missile,” The Hindu, 24 September 2011. http://www.thehindu.com/sci-tech/science/india-successfully-testfires-shourya-missile/article2482010.ece (2015.4.8 アクセス)
Suptnik 2015: “India’s first domestically-designed nuclear submarine will perform its first missile firing test in October,” 12 October 2015. http://sputniknews.com/military/20151012/1028373689/Indian-Nuclear-Arihant-Submarine-Fire-Nirbhay-Missle.html (2015.10.30 アクセス)
Times of India 2014: “India tests new underwater nuclear missile,” 26 March 2014, http://timesofindia.indiatimes.com/india/India-tests-new-underwater-nuclear-missile/articleshow/32694060.cms(2014.4.2アクセス)
©RECNA 核弾頭データ追跡チーム