2016年11月30日

12月11日から13日まで外務省、国連の主催で「核兵器のない世界へ 長崎国際会議」が開催されます。
11日は「ユース非核特使フォーラム」、12日と13日は「第26回国連軍縮会議in長崎」が開かれ、この会議への参加者を募集しています。

参加は無料ですが、お申し込みが必要です。外務省のページよりお申し込み下さい。
応募者多数の場合は抽選となりますのでご了承下さい。
(※募集締め切り:平成28年12月4日)

外務省:「核兵器のない世界へ 長崎国際会議」の参加者募集
http://www.mofa.go.jp/mofaj/dns/ac_d/page25_000576.html

WEB参加登録(※FAXでの募集は外務省のページにて確認お願い致します。)
http://meetingnavi.com/un_nagasaki/

 

日付: 平成28年12月11日(日)  26thuncdi_1
会場: 長崎大学医学部記念講堂
ユース非核特使フォーラム
核兵器のない世界の実現に向けて次世代を担う若者として何ができるか、今後どのようにしていきたいか議論を行い、核軍縮に向けた提言を行います。
映画上映『母と暮せば』
山田洋次監督と主演女優の吉永小百合さんが来場予定。
 日付: 平成28年12月12日(日)~13日(火)
 会場: ホテルニュー長崎
「第26回国連軍縮会議in長崎」
各国の政府関係者や軍縮専門家、NGOなどの方々が、 核兵器のない世界を実現するにはどのような方法があるかを議論します。
主催:  外務省・国連 ≪PDFファイルはこちら
協力:  長崎県・長崎市・長崎大学・核兵器廃絶研究センター・核兵器廃絶長崎連絡協議会

 

Category お知らせ
2016年11月11日

Projects

No.17

October 31, 2016
The Reaction in Nagasaki to Reports on Obama Administration “No-First-Use” Nuclear Weapons Policy
オバマ政権の「核先制不使用」報道に対する長崎の反応

 

>>バックナンバー等はこちら

Category お知らせ
2016年11月2日

国際的な批判と圧力に抗うように、北朝鮮は核実験と弾道ミサイル実験を繰り返し、強硬な姿勢をかえようとはしていません。北朝鮮の核問題を解決するために、国際的な圧力以外の選択肢は無いのでしょうか。各国の専門家が意見を交わします。

同時通訳付、申し込み不要、入場無料です。

皆さまのご参加をお待ちしています。

日 時: 平成28年11月20日(日) 14:30~16:30  20161120sympo_1
場 所: 長崎原爆資料館ホール(平野町7-8)
基調講演: 『朝鮮半島における核戦争の危険性』
ジェフリー・ルイス 氏
(米ジェームズ・マーティン不拡散研究センター 東アジア不拡散プログラム部長、米国)
パネリスト: マイケル・ハメル=グリーン 氏 (ビクトリア大学メルボルン校教授、オーストラリア)
ディンリ・シェン 氏 (復旦大学教授、中国)
モートン・H・ハルペリン 氏 (オープン・ソサエティ財団上級顧問、米国)
黒澤 満 氏 (大阪女学院大学教授)
主 催: 核兵器廃絶長崎連絡協議会(PCU-NC)
長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)

>>詳しくはこちら

Category お知らせ

このページのトップへ


    • 長崎大学編集 国際学術雑誌『平和と核軍縮』“Journal for Peace and Nuclear Disarmament”
    • 市民データベース
  • 世界の核弾頭データ
  • 世界の核物質データ
  • ナガサキ・ユース代表団
  • Panel on Peace and Security of Northeast Asia
  • 北東アジア非核兵器地帯への包括的アプローチ
  • Monitor BLOG
  • Newsletter
  • Dispatches from Nagasaki
  • にゅうもん核軍縮・不拡散
  • 核兵器廃絶市民講座
  • 核兵器廃絶長崎連絡協議会
  • レクナの目
  • RECNAアクセス
  • 研究成果・活動